視能訓練士は国家資格の1つ!取得のために勉強が大切

国家資格のひとつ

視能訓練士って知っていますか?注目していなければ「知らない」という人が多いかもしれません。しかし、視能訓練士は私達の体にとって大事な目に関する国家資格のひとつになります。ここでは、そんな「視能訓練士」についてご紹介します。

視能訓練士の資格を取るメリットはたくさんある

no.1

独占業務になるので将来困らない

視能訓練士の仕事は、眼科で受ける治療に必要な検査を行ないます。しかし、日本ではまだ眼科医に比べて視能訓練士の数が少ないのです。しかし、眼科の検査に視能訓練士は必要な存在なので、資格を取っておくと仕事に困りません。

no.2

活躍できる現場gはたくさんある

視能訓練士の活躍ができる現場は、眼科だけでなくリハビリテーションセンターや保健所、医療機器関連業、医療業関連企業、大学などの研究機関で働くことができます。こういったさまざまな現場で働けることから、資格を取った人の就職率は100%ともいわれています。

no.3

目が見える楽しさを伝えられる

視能訓練士は、目で見る楽しさや見える楽しさを伝えるという大事な役割も持っています。そのため、やりがいを感じられる職業のひとつでもあり、さまざまな現場のサポートを行うことができます。目に障害を持っている人の検査や訓練を行なうのも、視能訓練士の仕事になります。

専門職なので将来困らない

視能訓練士は、目に関する専門職になるので一度資格を取得しておけば将来仕事で困ることがありません。しかし、医療系の国家資格なので試験は難しいといわれています。独学で合格するのは困難なので、視能訓練士の勉強ができる学校へ行くことをおすすめします。

視能訓練士の学校を卒業した人の声をご紹介

学校で学んでよかったと思っています

視能訓練士に憧れて学校に入りました。学校に入ってからは、知らなかったことが多く、専門的な知識がたくさんあったので学校に行ってよかったと思いました。お陰で資格が取れて、就職先もすぐに決まりました。本当に行ってよかったと思います。

視能訓練士ってどんな資格?将来どこで働けるのか?

ウーマン

専門的なことが必要な資格

視能訓練士の資格は、目に関することを知っておかなければいけないので学校で専門的な知識をつける必要があります。また、目が見えることの楽しさを伝えることも視能訓練士の役割なので、どういった検査や指導を行なうのかも学ぶ必要があります。こういったことは、独学だと学べないので、視能訓練士を目指すなら行ったほうがよいでしょう。

就職率が高いので安心

専門の学校で視能訓練士について学ぶことは、資格を取得できるだけでなく就職率も高いので将来の心配がありません。視能訓練士として働ける現場の数も多いので、仕事がなくなるというのもないでしょう。また、最近の学校では、就職先のサポートも行なっています。視能訓練士と働き始めるのなら、こういったサポート制度が整っているところを選びましょう。

これから需要が高くなる

近年、スマホやパソコンの普及によって視力低下が問題になっています。これからもどんどん増えてくるという予想もされているので、視能訓練士の資格が必ず役立つといえるでしょう。また、今よりも視能訓練士が働ける場所が増えてくる可能性もあるので、これから資格を取る勉強をしておいたほうが将来仕事で困りにくくなります。

広告募集中