リスク回避や成功する方法【マンション経営で得られるメリット】

3つの内容を把握しよう

模型を持つメンズ

魅力のある家賃保証型

多くの不動産投資家が利用しているのがサブリースです。管理会社に収益物件を一括で借り上げてもらい、管理会社が入居者と入居契約を結ぶのが、サブリースの特徴です。最近では家賃を保証する内容のサブリースも多くなっており、不動産投資家にとっては非常に嬉しいところです。しかし、一言でサブリースと言っても管理会社によって内容は異なるため、内容をよく把握する必要があります。サブリースの内容で最も多いのが、家賃保証型です。空室であっても家賃を支払ってくれる家賃保証型は、非常に安定した不動産投資を行なうことができます。不動産投資で最も大きい空室リスクを心配する必要がないため、多くの不動産投資家は家賃保証型のサブリースを利用されています。

家賃滞納に対応してくれる

多くのサブリースは家賃保証型の内容となっていますが、家賃滞納保証型も人気です。空室である場合には家賃は保証してくれませんが、その代わり家賃滞納が発生した場合に保証を受けることができます。家賃滞納保証型には有限責任と無限責任とがあり、有限責任は保証期間が予め定められています。一方、無限責任は保証期間がなく、家賃滞納が解消するまで管理会社が保証してくれます。また、一括運営型のサブリースもあります。集金代行型とも呼ばれる一括運営型は、委託契約に最も近いサブリースです。建物維持管理や入居者募集、入居者との契約、入居者の退去時の立ち会いなどを、全て管理会社に委託できます。家賃保証や家賃滞納保証はありませんが、不動産投資家の負担を大きく軽減できるのが一括運営型の魅力です。